らっきょう甘酢漬け・初挑戦

  • 2019.06.24 Monday
  • 21:05

買物のアッシー君で二条駅前のライフに行きました。

この店は大型でいつも大勢のお客さんでいっぱいです。

そこでこんなものを見つけました。

 

若い頃は食べられなかったらっきょう!今は大好物です。

日本製の物は高価!、外国製の物は心配・・・思わず衝動買いをしてしまいました。

袋に書かれていたレシピでらっきょうの甘酢漬けを作ることに。

良く見ずに本格甘酢のレシピを、水750cc、塩150g、14日間で発酵させて水洗い24時間・・・・・

手間がかかるんだなぁ〜・・・

 

と見直すと横に簡単甘酢漬けのレシピが! 20gのお塩をまぶし、一時間後に水洗い・熱湯煮沸消毒10秒。

途中変更!24時間本格バージョンで漬けたので一時間流水で塩抜きしました。

 

甘酢のレシピは同じで、お酢750cc、水150cc、お砂糖250gと。お砂糖は200gに減量し器に入れました。

 

らっきょう780円、ガラス瓶880円、偶然残しておいた瓶があり、ギリギリ器に納まりました。

簡単レシピの物は冷蔵庫か冷暗所に置く事で、一週間から10日後に食べられるようです。

どんな風に仕上がるのか?微妙な気持ちです。美味しくできたらいいのに・・・・・

ゴルフ新打法その後

  • 2019.06.22 Saturday
  • 08:56

5月の連休明けから変更したスイングイメージのその後です。

 

比較的早めに手首のコックを開始し、腕が水平になった時クラブは垂直にする。

そのクラブの流れにまかせて左肩を極力捻り上げる。クラブは水平までを意識する。

トップゾーンでは間をおかず下半身と背中の回転でダウンスイングをする。

 

ライン出しや、OBを恐れての委縮していたスイングを一から作り直すことでした。

股関節や背中の回転を重視してきたのですが、今のイメージにも活かされてきて決して無駄ではなかったとも思っています。

 

16日は御誘いを受けて名神八日市カントリーへ。

最近ではグリーンの速さと硬さが表示されていることが当たり前になってきました。

速さはパターの強弱に、硬さはグリーンを狙うショットやアプローチに影響が出てきます。

19日は臨時休業で高校時代の友人たちとジャンパンクラシックゴルフ倶楽部へ。

クィーンコースがリニューアルされ、特別価格でコンペをすることが出来ました。

八日市は43・40の83。1ーOB、4−3P。アプローチでこまかなミスが出てしまいます。ノーバーディー!

ジャパクラは40・40の80。4−3P。パターはやや改善されてきています。1イーグル、1バーディー!

アプローチは現場でのその瞬間、練習場でやっているイメージが出てきません。

 

しかしながら全体的に見て向上していると感じています。今少しの頑張りです。

68歳では十分の飛距離を頑張っています。

居酒屋アーズローカス・44回目

  • 2019.06.15 Saturday
  • 22:11

3〜4ヶ月に一度の「居酒屋アーズローカス」が土曜日の夜に催されました。

お酒は申告制でいただきます。明日のゴルフに備えて今夜は控えめに・・・・・

メニューです。鱧の季節がやって来ました!

 

続いて小鮎の南蛮漬け。 大豆の土佐酢も美味しかったです。

 

京都名産賀茂なすの田楽。 これはオリジナル鮎の春巻き仕立て。 

 

完熟トマトのスライス。 鱧のチラシ寿司。 梅茶碗蒸しは写し忘れ!

 

発表のなかったデザートは本わらびもちをゲストの皆さんで作る事でした。

 

とても美味しくいただきました。下の画像はメニューの紹介のものです。

Oさん、Hさん、Kさん夫妻、ゲストシェフのMさんです。ありがとうございました。

 

ポットラックそばパーティー6月

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 21:22

6月のポットラックそばパーティーが10日夜催されました。

今回は梅垣様ご家族をご招待!打ち手が少なく私が普段の二倍を打つことになりました。

美味しいお蕎麦を是非!と気合が入ります。割合はざっと9割4分。

蕎麦は水回しが一番の要注意。小さな小粒から小石へとだんだんと大きくしていきます。

 

いい感じにまとまってきました。延しは慣れないので二回に分けて行いました。

 

包丁もそこそこ細く均一に切ることができました。蕎麦を打ちながら写真はなかなか難しいものです。

お蕎麦を二度いただいてからポットラックのお料理に。バラエティーに富み美味しくいただきました。

お酒が入ると会話が弾み、他のお料理を写し忘れました! 蕎麦もおいしい!と好評価をいただきました。良かったです!

亀バァの知恵袋

  • 2019.06.09 Sunday
  • 20:55

亀バァのところへ行ってきました。元気です!

こんなものが縁側に置いてありました。ねぎ坊主を乾燥させていました。こんなに小さな粒なんですね!

秋に撒くそうです。肥料は要らないそうです。

 

春に芽を出してくるそうです。余計な肥料はその種の持つ力を削いでしまうのだそうです。

以前にアンデスが原種のトマトは乾いた土地が適地でその中から種の保存のため必死に成長すると聞いたことがあります。

余分な水分や肥料はかえって成長の妨げになると・・・・・

下はそら豆、中の実はまだ緑色をしていました。

 

えんどうは皮も実も白くなっています。

 

すべてが順調に育つことはないようです。自然の恵みと亀バァに感謝です!!!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM