砥石の砥石

  • 2020.02.29 Saturday
  • 19:23

亀ばぁのお家の包丁を研ぐことにしました。京都には二つの砥石がありますが、ずいぶん反ってきています。

コーナンで砥石を見ていたら、砥石を表面を平たんにする砥石を売っていました。

素材は炭化珪素質と書いてありました。番手#60の目でした。

 

たっぷりと水を含ませて、まずは以前からある荒い目の方から。

 

円を描くようにして上からこすります。

 

固定の台がないのでふきんを下にひいて。

 

水の残り具合で判断できます。番手はわかりませんが細かな目の方も。

 

疲れたので今回はこれぐらいで終わり!まだフラットにはなっていませんが。

シンクは削れた石の粉でドロドロ。気が付けば服に飛んで付いてしまいました。

包丁は月に一〜二度研いだほうが良いそうです。

 

というところで亀ばぁのお家に昔作ったぐい飲みがありました。おそらく20年ぐらい前に作ったものです。

手びねりでたくさん作った記憶があります。

 

夜にテレビを見ながら掌の上でグルグル回しながら楽しんでいました。

形を考えたり、釉薬を考えたり、とても面白い時間でした。

 

でも基本的に凝り性なので、考えすぎて寝られなくなったりして疲れることもしばしばでした。

自分用に作った竹べらです。

電気轆轤は最後まで使えずじまいでした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM