初めての囲碁

  • 2015.09.29 Tuesday
  • 13:06
アーズローカスで月に二回「初めての囲碁」という教室を催しています。
現在参加者は3名。そのうちお二人は初心者、お一人は有段手前ぐらい、そして私です。

昨夜はいつもと違うバージョンでやってみました。19路盤を使いペアで交互に打ちます。
その際打つ前に自分の考えていることを口に出して置くのです。


そうすることで本来一番重要なところに目が向けられているかどうか、はたしてそこが今一番重要な個所なのかどうか理解してもらいます。「そこはいい箇所ですが急いで打つところかな?」「もっと他にいいところはありませんか」
所詮私の考えられる範囲のアドバイスなので本当に正しいのかどうかまでは判りません。

碁にはたくさんのことわざがあります。囲碁4000年の歴史の中から生まれた言葉!ほとんど間違いはありません。
敵の急所は我が急所 大場より急場 厚みを囲うな 厚みに近寄るな さばきはツケから ツケにはハネよ ハネには伸びよ 
さらには人生訓 無理が通れば道理がへこむ 相手の無理筋をとがめることも必要です。

本来試合中に会話はしません。声を出していいのはぼやくことぐらいです。
下手は上手の手を恐れてかたく打つことが多くあります。考えることをしないで引いてしますのです。
ですがこういう練習をすると なるほどそうなのか! そんなことを考えているのか!
囲碁の面白さがより深く判るのではないかと思います。
初心者のお二人次回が楽しみです!
コメント
捨松さまこんばんは。

今夜はお疲れ様でした。いい雰囲気のスイングになってきましたね!
囲碁続けてくださいね!!!!!
  • shun
  • 2015/10/06 11:25 PM
まだ、九路盤でやり始めたばかりです。
  • 捨松
  • 2015/10/06 1:24 PM
捨松さま こんばんは。

囲碁いいですよ。こんなに単純なゲームなのにものすごく奥深いのです。

といってもその奥深さ実は判っていないと思います。覚えて44年でもずーっと楽しんでいます。

生きているか死んでいるか、目が二つできれば生きています。と答えられますが。手順の違いで生きていたり死んでいたり。未だに判らないと言えます。特に隅の攻防では・・・
機会があれば一度やってみましょう!
  • shun
  • 2015/10/02 8:35 PM
最近すこし、囲碁を教えてもらってますが、、難しいですね。生きてるか、死んでるかなんて、わかりません。
  • 捨松
  • 2015/10/02 5:13 PM
ロビンさま こんにちは。

残された時間、たくさんあってもしない人はしません。短い時間でも納得できるようにです。
なんでもそうですが積みかさねしかないと思う今日この頃です。
  • shun
  • 2015/09/30 2:56 PM
中井先生 こんにちは!

早速UPされていますが、あの練習方法では「読む」「聞く」だけではなかなか得られない「石の意味」の理解を実感できたたように思います
「厄介なことに手を染めた。」などはさらさら思いませんが、「残された時間が短すぎるじゃない!」というのが日頃の不満です〜〜〜
  • ロビン
  • 2015/09/30 11:55 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM