金銀糸を使って

  • 2015.10.29 Thursday
  • 22:46
8月の30日、31日にこのブログでアップしましたが、その時の金銀糸のS撚り、Z撚りはこの製品に使っていただくためのテストでした。
優勝旗のフリンジや刺繍、化粧まわしの額部分に金糸を束ねて使います。

もともと撚りの入っている金糸ですが、それを束ねてアレンジする時にその撚り方向が邪魔をします。
あれこれテストを重ねて頂いて製品が完成しました。

先日お客様に納入され、先方様のご承諾を頂いて掲載させていただきます。

化粧まわしとは聞いていたのですが、小学生相撲大会の優勝者に贈られるようです。
各部分に様々な技法で豪華な設えがされています。横向きに走る太い金糸の束が逆方向に捻ってあります。この仕上げが大変な作業だったのではと思います。

弊社の金糸がこんな風に使われました。有難いことです。
コメント
ロビンさま こんばんは。

いやはや色々なところに色々な技術が使われています。
作るのもいろいろと大変ですが、それにもまして他分野での応用や手法が様々あるものです。

そのような技術、手法に活かされて我々があるということを知っていく必要があると今回初めて気が付くことが出来ました。感謝・・・・・
  • shun
  • 2015/10/30 10:28 PM
中井先生 こんばんは!

以前、ブログに書いておられた金銀糸の撚りについてはほとんど理解できずにおりましたが、今回のブログで出来上がった優勝旗の画像を見せていただけて優勝旗や化粧まわしの縁飾りに金糸が使われていること納得です

それにつけても、なんと手の込んだ作業が施されているのでしょうね〜
このような技術が絶えることなく受け継がれてほしいものです!



  • ロビン
  • 2015/10/30 8:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM