京都市伝統工芸技術者講習

  • 2015.11.27 Friday
  • 09:50
平成23年から京都市の伝統工芸技術者講習の講師をしています。

それまでは長老のN氏に20年以上お任せの状態でした。テープに一度だけ保存しただけでした。

夕方5時半から一度の休憩をはさみ8時半まで3時間の長丁場です。

23年からは金銀糸一般の部分を私中井が、本金部門を鳥原氏が、引箔・模様箔の部分を吹上氏が担当しています。

レコーダーでパソコンに保存をしていましたが、事故で消失の懸念もありCDに焼き直しました。

23年は途中で録音忘れ、24年はレコーダーの電源が入らず。まともなものは25年からになりました。
23年は編集ソフトを知らず、その都度電源の操作をするつもりでした。そこでの操作忘れです。ですから私が担当した1時間のみになりました。内20分は京都市と連携して作った金銀糸・平箔のビデオを観てもらいます。

25年はそれまでの経験で少し気楽にこなせました。組合事務所の画像を取り入れました。

26年は理事長が代わったので講師の順を入れ替えました。しかし流れ的には良くないなと反省です。本金押し上げの作業を画像を取り入れました。

27年は順をもとに戻しました。新たに本金部門のビデオが20分加わりより判り易くなったのではと思います。
琳派400年にちなみ、組合展示物の鶴を背景にしました。

受講者の皆様も他の授業よりは興味を持って聴かれていると聞き安心しました。
次世代への継承に少しでも役立てばと思います。

 
コメント
macikoさま こんばんは
知らぬが仏 ですね。痛み、傷口日に日に良くなってきています。 多分あと一週間か10日ぐらいで痛みは無くなると思います。 傷は一月以上かかるでしょう。60を超えてからは回復力がすこぶる衰えてきています。
  • shun
  • 2015/12/01 11:01 PM
お加減はいかがですか?

ひどい施術をされましたねー 痒みがおさまるお薬を塗って、重症の折は、フルコート軟膏も効きます。
入浴時、石鹸は使わず、熱いお湯もよろしくないのですが、寒い時期なので、どうしましょう。

皮膚炎も骨折も、根気よく治療なさってください。くれぐれもお大事に・・・


machikoさま おはようございます。

アンダーラップそのようなものがあるのですね!接骨院では何の説明もなく痒くなったら取ってくださいと。
被れ、水泡、皮膚めくれ、我慢し過ぎました。まだ痒いです。
痛みを忘れるほど?
  • shun
  • 2015/11/30 9:35 AM
あらまぁ! もしかして、アンダーラップ巻かずに 直接テーピングしたんじゃないですか。

めちゃ、かぶれますよー。内も外も、たいへんです。

ご無理しないで、治してください。
machikoさま アドバイスありがとうございます。

肋骨過去何度もで慣れています。接骨院でテーピングしてもらいました。そこが被れて痒くなり痛いのやら痒いのやら・・・

今はスポーツインナーの小さくなったものを二枚コルセット代わりに着ています。これはいいアイデアでした体にフィットして優れものです。次回はお勧めします。
  • shun
  • 2015/11/27 8:57 PM
shunさま こんばんは

やはり、肋骨にひびが入ってましたか・・・湿布を忘れずに、当分いたわってください。

年々、立派な保存が出来上がりますねー。
製作はたいへんでしょうが、継承される人たちにとっては何よりの資料ですね。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM