引き継ぎを前に

  • 2016.03.29 Tuesday
  • 23:00
年度末の引き継ぎを前に道具箱を調べて見ました。クウさん邪魔です!

このような木箱が伝え送られてきます。

最上段小箱には硯・水差し・墨が入っていました。

右側には朱肉、そしてこのような金属の棒が!

どうやら焼印をするための金属棒のようです。

下の段には過去の町会運営の活動報告が、そしてお正月の際の奉加帳が。

思い出しました。昭和の後半までここ横大宮町では元旦朝、町内中央に集合し賀詞交換をしていました。
そして御所に向かい君が代斉唱をしました。私にはかなりの違和感がありました。
町内の歴史感が漂う瞬間でした。その後私が町内会長を受けた時に相談しやめた記憶があります。
それで良かったのかどうか判りませんが。

その他、歴史的にすごく古い運営資料があります。それらは京都御所東側の歴史資料館に預かっていただいています。
 
コメント
machikoさま こんばんは。

由緒というか歴史があるのです。当初「この町内には路地がないというような」言葉も聞いていました。
当時、町費なども家の大きさで違っていたのです。
時代は変わり今は平等になりました。
  • shun
  • 2016/03/31 10:08 PM
shunさま こんにちは

由緒ある町内ですねー。元旦に君が代の唱和、尊皇の時代にはあたりまえの事だったのでしょう。

先程から小雨が降ってまいりました。桜が心配です。
昨日、新築住宅工事の引き渡しが済み ほっと一安心しています。
週末にお花見会ですが、お天気がどうなんでしょう・・・

「 をちこちの百の椿や道明かし 」
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM