美山・石窯最終章かな?

  • 2016.06.11 Saturday
  • 20:39
11日梅雨入りとはいえまだまだ好天が続きます。美山石窯の仕上げに向かいました。後ろ側の外側を整えます。
少しいびつになりましたがここまで仕上げました。
 
削って耳を揃えるつもりですが本日は無理、乾いて固まるまで待ちます。

今日はいきなりトラブルが、耳の形に合わせて煉瓦をカットするグラインダーの刃先が丸くなっていてカットできません。
あわてて周山のコメリへ買いに戻りました。待つこと約一時間、暇なので冷蔵庫の中を清掃しました。
         
                真っ白になりました。
先々週刈った雑草も燃やすことに。


昼食を済ませ、午後1時半から作業に。夕方5時までかかりました。これで本体部分の積み上げは完了です。
と言うところで記念撮影です。
                
ブトに噛まれないように長袖、長靴、長パンツです。

本日は珍しいお客さんが来てくれました。雀さんの仲間なのですがこの山荘にはあまり来られることがなかった「K]先輩です。
 
今年定年を無事迎えられ現在は無職。ひょっとしてと思いメールをいれておきました。これからはドンドン利用してもらいたいものです。

あと少しです。「ああもしたい、こうもしたい」欲は出てくるのですが、作業後は「まぁこれでいいか」いつものパターンです。
         

多分今年最後の山椒、帰り際にもう一度摘んできました。

 
コメント
sutematsuさま おはようございます。

生地から作るほうが「やった感」がありますね。パンは蓋つきの道具が要りそうです。どなたかお持ちですか?
  • shun
  • 2016/06/17 9:28 AM
ピザはもちろん、生地から作りたいですし、石窯パンにも、挑戦してみたいですね。
  • sutematsu
  • 2016/06/16 1:20 PM
oribitoさま こんばんは。

ほっこりという言葉は当てはまらないかもしれませんが、現実を離れて何かしていると心は前向きになっていきます。
そんな中で子供の頃からの仲間がいると不思議な感覚が生まれてきます。言葉や文字では表現できない何かです。
こんなのは世間には二つとないことだと・・・。
  • shun
  • 2016/06/13 10:27 PM
おはようさんです。ちゃくちゃくと完成に向かっていますね。僕もほっこりできる場所が欲しいw。
  • oribito
  • 2016/06/13 10:23 AM
machikoさま こんばんは。

石窯ほとんどT君との二人仕上げです。他の人お手伝いしてくれますが、息が合いません。60年のお付き合い有難いことです。

k先輩昔のままです。こちらの突っ込み優しく受け止めてくださいます。昔のままのやり取りが懐かしいです。
  • shun
  • 2016/06/12 9:07 PM
shunさま こんにちは

石窯の完成間近ですねー すずめの陶板、早く拝見したいです。

虫刺されは、大分良くなりましたか?対策も万全で挑まれましたね♪ 梅雨の晴れ間・・・運のよろしいこと!

前回のNさま、今回のKさま、懐かしいお顔が登場されてます。みなさまお変わりないですねー!

梅雨時は一層ご自愛なされますよう、冷蔵庫のお掃除この時期は、とっても賢明なことです。

「紫陽花や此処にあおぞら拓きたり」 あじさいや ここにあおぞら ひらきたり
曇天の空のもと、青の群生が美しい季節です。

 
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM