H28・伝統産業技術者講習

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 09:50

昨夜は平成28年度の伝統産業技術者講習がありました。

平成23年から担当することになりました。金銀糸の組合は特殊な組合で、伝統的な本金糸、近代的な金糸、引箔、輸出関連等4部門に分かれています。

 

それぞれ製法や取引関係が違っていて一人の人間がすべてを受け持つことが出来ません。

私の担当は一般的な基礎知識を知っていただくことです。

組合のホームページhttp://kinginshi.com/ となかいきんしのホームページhttp://nakai-kinshi.com/ から冊子を作り説明します。

 

5時40分から休憩をはさみ8時40分まで三時間です。二度DVDの上映をします。30年ほど前に京都市によって作られたもの。この中にはなかいきんしの工場や当時働いてくださっていた工員さんが出演しています。毎年懐かしく思う瞬間です。

上のDVDは3年前に作られた本金部門のものです。それぞれ約20分あり受講者はおおよそのことが把握できるので判り易いと思います。

 

私は製品の開発や発展の歴史、基礎的な事、また過去40年にあった自社のトラブル等の話もします。受講者の方は帯や金襴の製造現場に従事されている方が多いように思います。

 

少し慣れた分、緊張感がうすれてきました。色々と知ってもらいながら楽しい時間にしたいと思っているのですが匙加減が難しいです。

引箔(模様箔)部門は受講者の方が興味をもたれる部門です。

今回はレコーダーの録音スイッチを入れるのを忘れてしまいました。申し訳ないことです。

この講習がいつまで続けられるのか判らないのですが、後世の方が引き継がれるときの参考にと録音をしています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM