H29・伝統産業技術者講習

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 21:03

今年も京都市伝統産業技術者講習の時期が来ました。

平成23年、前任の方から受け継いで7年目を迎えました。

講習を受ける方を前に、以前のように上がってしまうことは無くなってきたのですが、その分緊張感が薄れて来たのかなとやや反省の進行でした。

 

私の受け持ちは金銀糸・平箔の歴史、発展から、現在における取扱の意点、並びに過去に起こった事故など広範囲にわたり、レジメを見ながら進めていくのですが毎年内容が一定しません。

レコーダーで記録はしているのですが、反省の繰り返しです。申し訳のない事です。kinnginnshi

例年 20年以前に作ったビデオをDVDに焼き直したものを映像として流します。

昨年度からは金襴会で作られた本金平箔のDVDも流すことにしました。やや重複する部分はあるものの映像から学ぶものは大きいのではと思います。

 

若い世代の方に必要とする知識・経験等を言葉で上手く伝えるのは難しい事です。受講者の中には後継者や現場で製織をされている方もおられます。

金銀糸

 

例年人気の引箔の部門です。色々な作品や材料をお披露目されると目が輝いてこられるのを感じます。

金銀糸・平箔

9月1日には 金銀糸の組合で引箔の体験もしてもらいます。

ほんの少しの風で飛んでしまう薄い箔を扱う貴重な体験になる事でしょう。

 

難しい原材料や下準備の話よりも、それらを扱う道具を自分で作り上げ、その作業成果を追求しているというようなことに興味を持たれているようでした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM