看板完成&行燈

  • 2018.10.27 Saturday
  • 11:07

ハクヤマさんからレーザー加工が仕上がってきました。

まずははめ込みの足の角度を確認。そこそこ揃っていました。

 

 

11月の催事に間に合いそうです。大きい看板の足のつま先を丸くカットして柔らかいイメージにしました。

全体の文字の配置から下の方に少し空間を持たせたかったからです。

  

続いて小さい方も。細かな部分の削り落としに細心の注意を払います。下の二枚は栃材です。

木目が細かくて彫刻しやすい材でした。栗材よりも木肌が白いのが特徴です。

 

仕上がったものに油を刷り込んンで、ガレージで記念撮影です。油は乾燥を防ぎ、汚れにくくなります。

 

弊社お得意先が新しい御商売の企画をされています。

その玄関に二つの行燈を置くつもりで、古道具屋さんから購入されたそうです。

まずは見本を作ってみました。材にテーパーが付いているので巻いた糸がずれる心配があります。

角に両面テープを貼り、下巻に色生糸の箔杢を巻きました。生糸は金糸よりも動きにくいと思ったからです。

 

箔杢の生糸は朱、僉黄、青、赤の五色を束ねました。その上に等間隔で金糸と箔を掛け合わせたものを巻いてみました。

これなら灯りを付けなくてもそこそこの存在感がでているのではと感じましたが・・気に入っていただけるか?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM