ゴルフの距離測定器を

  • 2019.05.05 Sunday
  • 15:39

今年からゴルフのルールが大きく変わりました。

ピンフラッグを差したままのパターがOK,ペナルティーエリアのクラブヘッドのソールがOK,バンカーからの脱出が出来ないと思ったら2打負荷にてバンカー外にドロップOK,ドロップの高さが肩から膝に変更等々。(バンカーからのアンプレアブルは4つの方法があります。一、元の位置から再プレー。二、バンカー内の2クラブレングス内にドロップ。三、ピンとボールの位置の延長線のバンカー内にドロップ。以上の3つの方法は一打の負加です。四、ピンとボールの位置の延長線のバンカー外の1クラブレングス内にドロップ。この場合は2打負加になります。)

 

そして機械による距離測定がOKになりました。

機器には大きく分けて2種類の物があります。一つはレーザー測定、もう一つはGPS測定です。

私はGPSの方を選択しました。さらにボール位置からターゲットへの高低差表示です。

公式の試合では高低差表示を使うことが出来ません。競技対応の物はそれを選択できます。

 

色々迷ってこれを選択しました。GPS機能を使うには位置の認知までに時間がかかることがあるようです。

このタイプのものはコースのレイアウトグリーンの形状が判ります。ピン位置はグリーンの手前、センター奥の表示ですから、コース乗用カートのピン位置表示を+−して測定する必要があります。あらかじめ登録されているのでコース改修された場合はPCからアップロードする必要があります。

 

レーザーの物はピン位置までの距離は正確に出ますが、バンカーやハザードの有無は判りません。またターゲットにレーザーの焦点を設定する必要があります。高機能の物でないと手振れが起こりなかなか照射判断ができないようです。

 

以前は測定機に否定的でしたが、最近はピンにライン出しが出来るようになってきました。故に前後の距離が知りたくなってきました。

ただし身体から入る状況判断はとても大事です。風の向きや強さ、高低差、ライの状況。すべてはこちらの方が優先です。

迷った時や、コース知識がない時に重宝するのではと思います。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM