ゴルフ新打法

  • 2019.05.13 Monday
  • 08:50

ゴルフ歴48年、長〜い歴史の中であれやこれやたくさんの開眼!かれこれ200や300では数えきれないぐらい。

その間ウッド系ではパーシモン、スチール、カーボン、チタン等道具の素材の変遷もあり、またアイアン系ではプレーンバック、キャビティー、インナーキャビティー、ポケットキャビティー。さらにはウッドとアイアンの融合系ユーティリティーのハイブリッドまで。

平成の25年からはゴルフ備忘録なるものも作り、忘れない事、新たに加える事も増えていきました。

そして今回、年齢とともに浅くなっていたバックスイングの肩や手首の角度をもう一度深く入れることに再挑戦です。

 

新しい打法と言うよりも若い時代のイメージに少しでも戻すということです。

12日、なかよし仲間と三人で滋賀ゴルフ倶楽部へ行ってきました。いいコースです。今はPGMのグループに入っているようです。

 

この日は新しいイメージを一日中やり続けることがテーマです。カメラを回す余裕はありません。

 

クラブハウス内もリニューアルされていました。

結果報告

IN   +4 △ − +3 − △  △−△ =47

OUT − △ △  − △ ○   ○△△ =39

出だしのトラブルはトップのチョロ、池、3Pが重なって仕方なし、13番はバンカーの顎に入ったボールを無理して出ず、OBも重なって仕方ないというより冷静さを欠いたミス。

イメージ変えて三日目の割にはミスも少なく、ティーショットも伸びてそこそこの結果ではないかと思っています。

しばらくは続けるつもりでいます。体幹の柔軟性と筋力大事になってきました。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM