貴船納涼会

  • 2019.08.31 Saturday
  • 10:04

夏の終わりは中信さんの恒例貴船納涼会。

午前中の大雨で左京区広河原では避難勧告が出ていました。

午後も京都南部には雨雲が通過し、床での開催は無理かも?という状況でした。

何とか床は使えましたが凄い湿気です。川の流れも激しく轟音です。

  

鮎を撮り忘れました。スキ焼のお肉です。スキ焼も撮れず!

 

べにやさんの床の上流!いつもの水量の倍は!

 

お土産の団扇とマッタケです。

 

べにやさんへの途中、貴船口から山肌には一昨年の台風で倒れた木がいっぱい残っていました。

斜面も急で手が付けられない様子でした。雑草が生えてきていて凄惨な感じは薄れていましたが大変なことです。

災害に合わず、楽しく過ごせていることに感謝を忘れずにいたいものです。

 

決勝戦惨敗

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 08:37

心配していた手の腫れも引き、なんとかグリップできる状態になりました。

水泡がかさぶたになり、ほぼ完治!

自己責任ゆえ、小さくなって着られなくなった機能アンダーウェアの腕の部分をカットしました。

ハクヤマさんでレーザーカット!耳はほつれてきません。

クレが不思議そうにチェックしています。

 

準備は万全でしたが結果は散々でした。

ショットは先週より良かったのですが、パターの病気が再発しました。

ラインを入れたボールの効果は全くなし!1.5ラウンドで21・18・18合計57パット。

同伴競技者に心配して頂くほどの内容でした。

結果最下位の16位になってしまいました。

 

反省材料 小手先の修正は微妙な感覚の違いで崩壊します。おそらく基本的な部分に不安要素を引き出す何かがあると思います。

     それが何かということを探し出して、正しい形を手に入れたいと思います。

予選通過!!

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 09:08

予選通過をすることができました。

送られてきた組み合わせです。

成績順にスタートするテレビマッチ方式です。全体の3位で通過していました。

早々に引き揚げたので詳細なスコアは不明です。

4オーバーの方までが通過のようです。

決勝は1.5ラウンドを回ることになります。暑さ対策を十分にしないと。

 

不安な要素がでました。予選ラウンドの午後から、手首がヒリヒリとしてきした。

アイシングをしながら最後まで回ったのですが、痛さは増すばかり。

帰りの車の中でも冷やし続けました。

 

翌日、手首は赤く腫れて小さな水泡が!炎症のようです。手はこんなに腫上ってきました。

 

先生曰くかなりの状態ですね! 2〜3日安静にしてください。飲み薬と塗り薬をいただきました。

長いゴルフ人生でこんなことは初めてです。日焼けしても痛くならないタイプなのです。

実は来週ゴルフに? と言うと自己責任とういことで御願いします! 

何かで腕をカバーすることにします。

オレンジシガCC キャプテン杯予選に

  • 2019.08.18 Sunday
  • 16:23

久しぶりにクラブ競技に参加しました。キャプテン杯予選、HDCP12以下のアンダーハンデの競技です。

総勢42名、決勝進出は16名になります。7時53分スタート!二組目です。

            

最近のオレンジのグリーンの速さは8〜8.5ぐらい!あまり早く設定されていません。強く打てない私は要注意です。

バッタ君とカミキリ虫君?が迎えてくれました。

 

結果はHDCP7で1オーバーおそらく予選通過出来ていると思います。

 

アウト ○ーー ー■ー △△△ の 41点

イン  △ー○ △ー△ ーー△ の 39点

 

4番のトリプルがもったいない事でした。大事に行こうと手打ちになりひっかけてOBが出てしまいました。

課題の寄せワンも4回出来ていい感じになってきました。

二つのバーディーはグリーン周りからのアプローチが直接入ったものです。ラッキーでした。

パターはややショート気味で届かずの2パットがほとんどでした。

でもボールにラインを入れたお蔭で短いものを外すことがなくいい結果になりました。

 

シブコの物まねは関節の硬さが違うため断念!

ただし、ハンドダウン気味のアドレス、テンションを感じて伸ばしたままの左肘、手首を柔らかく使ったレイトヒット。

この部分はいい結果を引き出してくれました。

シブコものまね

  • 2019.08.11 Sunday
  • 12:15

先週から女子ゴルフで大騒ぎになっている渋野日向子さん!

彼女のスイングイメージを練習で物まねしてみました。

 

まずはアドレス 彼女の特徴は前傾姿勢の深さとサル腕の両肘の間隔がバックスイングで保たれ続けていることです。

ややハンドダウンになります。68才は同じ形にはなりませんが意識をそのように持っていきます。

 

ここで感覚の違いが少し出てきます。通常の前傾姿勢だと上腕が胸に閊えます。

肘をサル腕にすると前傾姿勢を深くせざるをえないのです。違和感がありますがやってみました。

  

次に意識したのは、左手のコックを始動と同時に小指、薬指、中指のテンションを感じながら早めに行うこと。

手の位置が低い間に地面と平行にし、腕が地面と平行になった時にはクラブは地面と垂直になる。

その後肩の回転を出来るだけ深く入れること。(この部分は先々月ぐらいから意識して改善をしていました)

 

ここで次の意識の違いが出てきました。

サル腕にすることでバックスイングのときに肘が緩まず折れないのです。無理に伸ばし続ける意識を持たなくてすむのです。

肩もワンピースで深く入るような気がします。ハンドダウンしていても決してアップライトには上げません。

 

肩の延長線上にフラットなイメージでスイングプレーンを作ります。

 

手首のコックを保ちつつダウンに入ります。肘を突っ張っているので自然とレイトヒットになります。

本能として球を強く打ちたいという気持ちが出るのですが、それを抑え気味に表現できます。

肘から先の器用で動き過ぎる部分を使い辛く出来るのです。

 

その後は体重移動と股関節の入れ替えで下半身からリードし、背中の回転にゆだね最後まで振りぬきます。

これまでのスイングでは強く打ちたい気持ちが出ると、フォローで上半身がどうしても早く起き上がります。

こすれたり、うすい当たりになります。それを嫌って深く入ります。当然フィニッシュまで振りきれません。

 

アプローチショットも同じテンションでやりました。意外と上手く出来ます。ゆるみが出にくいのです。

 

最後に感想として!

やって出来ないスイングではないと感じました。

良い部分を自分なりに消化して次のステップに活かしたいと思います。

へたくそに守るものはありません。

 

おまけ!

最も学びたいものは彼女の笑顔です。

ふてくされたり、腹を立てたり、気が付かないうちに周りの人に嫌な思いをさせていることがあるものです。

これは人として悲しいことです。そうそう私がよくする言い訳もなしに・・・・・

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM