第18回アーズローカス寄席

  • 2016.06.26 Sunday
  • 10:37

25日恒例 桂よね吉のアーズローカス寄席が催されました。

当初5月に行う予定でしたが、よね吉さんのスケジュールにブッキングが起こりこの日に変更となった次第です。

午後三時から設営。アーズメンバーのTさん、Oさんがお手伝いをして下さいました。

それとアーズスタッフの方が諸道具をあらかじめ会場に入れて置いてくださったので40分ほどで出来上がりました。

その後サウナで汗を流し、演者さんたちのために蕎麦を打ちます。

 

5時半開場、6時開演なのですが本日は開場時間を過ぎても音合わせが続きます。

45分開場、蕎麦は10分で食べてもらうようなことに。その分茹で待ちになるので私もキッチンで待機になります。

少し遅れて6時5分開演。

二番太鼓を打つ下座の様子です。

 

 

本日の演目

           桂 鞠輔     始末の極意

           桂 よね吉    本能寺

                 中入り

           桂 鯛蔵     荒大名の茶の湯

           桂 よね吉    子別れ

                                     三味線 豊田久美子

 

 

「本能寺」熱演でした。米朝さんのCDで聴いたことがあるだけでした。

「子別れ」十八番芸になってきているようです。

次回は10月15日(土曜日)決まりました。またのご来場をお願い申し上げます。

第18回アーズローカス寄席のご案内

  • 2016.05.18 Wednesday
  • 18:53
5月14日に予定しておりました第18回桂よね吉のアーズローカスは演者の都合により6月25日に延期されました。
少し早いですがご案内させていただきます。

日時 6月25日(土) 午後5時半開場 6時開宴
所  アーズローカス5階ホール 左京区下鴨東本町7 
    075−712−3232  info@arslocus.co.jp 6月1日より受付
            会員優先 60席 一般予約席 30席
共演 桂 鯛蔵  桂鞠輔

   
こんな雰囲気の会場です。
 

看板を作り始めたころDIYの安価な材で作ってみました。
        

何年か前のグランプリ受賞のときの記念写真です。

アーズローカスは彼にとってホームのような存在です。
日々進歩していくよね吉さんをお楽しみ下さい。
ご来場お待ち申し上げます。

よね吉さん やったね!

  • 2015.12.20 Sunday
  • 15:01
午後一時文芸会館まで京都御苑を歩いて通り抜けました。ゆっくり歩いて40分ほどで行くことができます。
  
中立売御門から建礼門前を通り、清和院御門を出ます。
梨木神社マンションです。


6列24番 いい席が当たりました。記念のお菓子をいただきました。

 
20周年!たくさんのお祝いの花が飾られていました。補助席が出るほどの満席です。

中村時蔵さんとの楽しい対談は演目「中村仲蔵」にからめて梨園や芸道のお話を。演目を邪魔しないように楽しく判り易く。
時蔵さんは現在南座で公演中です。昼の部と夜の部の間をぬってのゲスト出演でした。

「中村仲蔵」 すばらしい出来でした。幕が下りても席を立つ人がありません。いつまでも大きな拍手が続きます。
皆さんがカーテンコールを送っています。ひょっとしてと思っているとなんと!!! よね吉さんやったね!!!
あわててカメラを取り出して記念の一枚。

落語会でのカーテンコールは珍しい事です。私は枝雀さん以外には知りません。
人情噺、歌舞伎噺、上方では秀逸です。何か大きく成長してくれるであろうと感じさせてくれました。
 

桂 よね吉 20周年記念公演

  • 2015.12.18 Friday
  • 22:19
先日よね吉さんから私の住所と名前を尋ねられました。
かれこれ10年の付き合いですが、正式に自己紹介をしていなかったのですね・・・
お互い心はつながっていると思っていたのですが不思議な気がします。
彼が送ってきたのは20周年の記念公演のチラシと挨拶文でした。
明日は京都文芸会館で独演会です。
          
午後二時開演。どんな仕上がりになるのか楽しみです。裏面は公演予定でした。
           
次は来年一月福岡飯塚嘉穂劇場でのチラシです。鶴瓶師匠がゲストとして来られるそうです。地方とはいえかなり大きな劇場だそうです。
 
珍しく自筆の挨拶文が来ました。字も修行しなければ・・・。米朝師匠も字は今一でしたが、その上を行ってください!
       
落語の世界に飛び込んで20年、大変なことです。好きなだけでは済まされない世界です。ひょんなきっかけで知り合い応援させていただくことになりました。
タニマチにはなれません。自分が出来る範囲で出来るだけ。彼も理解してくれていると思います。
 

第17回桂よね吉のアーズローカス寄席

  • 2015.10.25 Sunday
  • 19:16
24日夜は第17回桂よね吉のアーズローカス寄席の日でした。
前々回はよね吉さんの忘れ物、前回は演者さんのギリギリの到着。なかなか難しいものです。
そして今回は下座三味線のお師匠さんがブッキングしてギリギリの到着。

六時開演、六時北大路駅、よね吉さん曰く「15分ほどひっぱっておいてください。」「好きなだけ悪口を言ってもらって構いませんから」 素人に何を言ってんの・・・・・
エーィままよ!と勢い高座に上がりご挨拶を。階段の上がり降りだけでも30秒はと。
高座に上がる事、よね吉さんに承諾を得て時間つなぎです。
スポットライトがまぶしいです。

事情説明やら、御礼の言葉やら、御願い事を、さらにアーズローカスの事を加地さんに説明などしていただいて10分が過ぎました。

アットホームなアーズローカス寄席、高座と客席との会話などはさみながらの間に無事お三味線のお師匠さんが到着。
6時15分、無事開演となりました。


    演目     
       桂 二葉   書割り盗人
       桂 よね吉  ふぐ鍋
          中入り
       桂 しん吉  初天神
       桂 よね吉  文七元結

9時15分、文七元結(ぶんしちもっとい)、熱演の余韻に浸りながら閉幕となりました。     
                      
次回は平成28年5月14日(土)を予定しています。
その前に12月19日午後2時(ちょっと中途半端な時間ですが)京都文化芸術会館にてよね吉芸歴20周年記念公演があります。

一月には九州飯塚の嘉穂劇場にて鶴瓶師匠をゲストに迎えての記念公演だそうです。

アーズローカス寄席

  • 2015.09.25 Friday
  • 21:33
第17回「桂よね吉のアーズローカス寄席」のご案内です。

今年で9年目、若かったよね吉さんももう43歳、若いと思っていた私は64歳。

変わらず続けられて来た喜びと、重ねた年月を自分の歳に置き換えた時に複雑な思いが・・・・・・・・

            

詳細はチラシに書いています。

アーズローカスならではのちょっと楽しい内輪な落語会、彼にとっては秘密クラブなんです。是非お越しください!

アーズローカス寄席

  • 2015.05.10 Sunday
  • 10:16
九日はアーズローカス寄席の日です。体調が今一の中皆さんのお手伝いをいただき3時から準備でした。

以前は一時間以上かかっていた設営も、今はスタッフの方があらかじめ道具を会場に搬入してくださるので30分ほどで仕上がりました。

出来上がり!高座と前列でお手伝いを頂いた奥田さんと落語談義中です。

下座から高座を写してみました。コンパネを楕円にくり抜き御簾をかけています。

高座からはこんな風に、お三味線、鐘、太鼓の配置は、私たちには判りません。
この御簾越しに演者のしぐさ、話の流れを見て下座の音が噺の効果を上げてくれます。

午後6時開演。3時45分会場の準備が出来上がりました。

今回私は落語を聞くことが出来ません。町内会長に選任され一年間地域の市政協力委員として何かと集まりがあります。
当初は開演後、委員会に出席する予定でしたが連休に引いた風邪が長引き体調も今一です。
開演前の挨拶と演者さんに食べてもらう蕎麦を加地さんにお願いしました。

約80席満員御礼だったようです。会の模様は後日「アーズローカスのお知らせ」でネットアップされると思います。
千賀さんのブログです。http://chikauno.jugem.jp/?eid=352

第十六回桂よね吉のアーズローカス寄席

  • 2015.04.03 Friday
  • 09:23
第十六回桂よね吉アーズローカス寄席のご案内

時 五月九日(土曜日)午後五時半開場 六時開演 (全席予約制)
所 アーズロカス五階ホール 定員90名(会員並びに会員ゲスト優先60席 一般30席)
木戸銭 3.000円 当日四階受付にてお支払いください
桂 よね吉(二席) ・ 共演 桂 二乗 / 桂 二葉

会員並びに会員ゲストは受付を開始しています。 一般の方は四月二十日より受付を開始します。
こんなチラシ作ってみました。(以前の焼き直しですが)
        
米朝大師匠が亡くなられ、吉朝師匠もすでになく一門はこれからが正念場です。
きっと気合の入った高座にしてくれると思います。乞うご期待!



 

第15回アーズローカス寄席

  • 2014.10.26 Sunday
  • 11:39
25日は第15回目の「桂よね吉のアーズローカス寄席」でした。
午後2時30分設営開始予定です。途中出雲路橋から東山将軍塚の青龍殿が見えることに気が付きました。
この日初めて気が付いたのですが、結構大きく見えました。

二時半予定でしたが、お手伝いをお願いしていた方がすでに到着。スタンバイOK!
少し早目ですが開始。設営の諸道具は運び込みがすんでいたので時間はかかりません。

まずは奥の屏風と階段を置きます。

続いて高座を。滑り止めシートのうえに組み立て式の台座を作ります。
以前はビールケースを使っていましたが、作ることにしました。椅子席のアーズローカスでは通常のテーブルの高では少し低いのです。

工房の机がとてもしっかりとしていて良かったです。大小4つを組み合わせ、横1800mm×縦1350mmの高座です。
本当はもう少し大きい方がいいのですが、会場の都合でこれ以上大きくすると観客席が減ってしまいます。

それぞれの足をロープで縛り、合わせ目に紙を挟みます。動きの激しい演目では木と木がこすれて音が出てしまうのです。
  
毛氈をひき、目隠しのクロスを貼り付けていきます。

両サイドの衝立を置き、名びら立てを置けば出来上がりです。

いつも設営の時にお手伝いをしていただいている田中さん、奥田さん。本当に有難うございます。
そしてスタッフの小柳さん、藤原さんです。
出来上がった高座の上から一枚!演者さんにはこんな風に見える会場です。

以前に比べ、段取りが手馴れてきたので一時間ほどで仕上がりました。

休憩後、演者さんの腹ごしらえのために蕎麦を打ちます。
前回はそばとつなぎの配合を間違えて、6:4を作ってしまいました。色も味も今一。
今回は間違えの無いように十割そばにしました。

出来上がりの状態はほぼ100点です。上手く茹であげれば喜んでもらえると思います。

今回から30分早めの6時開演、時間を勘違いされた方が少しおられて10分ほど遅れました。

内緒ばなし〜よね吉さんが下座の締め太鼓を忘れてこられました。そばを食べた後急いで取りに帰ることに!
         この時期の京都の夕方は車でいっぱいです。これも定刻をオーバーしてしまいました。
         演者さん、お客さんどちらも気が合う痛み分けでした。〜

6時10分、二番太鼓が始まり、15分から開演となりました。


この日の演目
        道具屋       桂 二葉
        天災         桂 よね吉
              中入
        がまの油      桂 吉の丞
        仔猫          桂 よね吉
                          三味線 大川貴子

次回は来年の4月を予定しています。

 

アーズローカス寄席

  • 2014.10.22 Wednesday
  • 21:30
今週の土曜日アーズローカスにて桂よね吉の落語会を催します。
午後六時開演、共演は桂吉の丞、桂二葉さんです。
木戸銭は3.000円、会員制の落語会ですが、ビジター分に少し余りがあります。
ご興味をお持ちの方、是非ご連絡をください。

詳しくはこちらまでhttp://arslocus.co.jp/info/

上方落語の若手(もう中堅かも知れませんが・・・)では一押しです。
下座も生のお三味線が入ります。本格的な上方落語をアットホームな雰囲気で味わえます。
是非お越しくださいませ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM