サーモカバーの交換

  • 2017.03.31 Friday
  • 21:29

ほぼ毎日 お世話になっているアーズローカスのサウナのサーモカバーがぐらついて外れかけていました。

 

20年間の劣化です。

SPFの端材1×4を側面に、栂材9mm×15mmでつくることにしました。原寸よりも少し大きめです。

 

手鋸で挽くとカット面が斜めになってしまい歪みが出てきます。材を木目に沿って縦に挽くのはなおさらです。ですから最小限の大きさです。あらかじめボンドで接着してから木ネジもんでいきます。

ほんのちょっと菱形に歪みました。隙間も少し大きくなってしまいました。

 

木の白さが目立ちますが、そのうち焼けて馴染んでくると思います。

 

 

 

これは15年ほど前に作ったタオルハンガーと10年ほど前に修理した砂時計です。まだ頑張っています。

 

糸棚の仕切り

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 21:46

木工、今度は糸棚の仕切りを作りました。

広島府中の木工組合から桐の集成材を購入。

434mm×240mm×8mmを21枚、272mm×240mm×8mmを21枚。クロスさせてはめ込みます。

 

揃ってはいますが、少々反りがあります。精密なものを作るのではないのでまぁ仕方ないかと・・・

 

一つ目完成!あと六つ・・・

固定する添え木が小さいのと、モクネジが小さいので手でもんでいきます。

一つ当たりラックの値段は980円ぐらい、仕切りの桐材は3300円ほど、固定の添え木でも300円!何か解せない気持ちが・・・・・

帯地用ラック もう一つ

  • 2017.02.26 Sunday
  • 19:40

もう一つラックを作ることになりました。展示会などでは売り手側の方が簡単に装着できる仕立て帯用です。

このようなケースに入っています。              先のラックで使わなくなった桐材のすのこを利用する予定です。

  

 

幅355mm 奥行き325mm 高さ400mm(五個積み) まずは二段目まで、一段に5ケースを。

 

 

桐材を繫ぎの固定に使いこんな風に。三段目も同様に。

 

 

四段目、強度を持たすために縦に二枚。デザインもありついでにもう一枚。

 

 

合計16箱が収まるように・・・同じようなデザインですが廃材も利用して・・・これも自己満足!

わずかな隙間を有効利用、ジャストヒット!これも喜んで頂けました。

 

 

しばらく遊んでもらえず不満顔のクゥさんです。

作業は玄関先、木屑が出るたびに掃除機でお掃除!! クゥさん掃除機の音が嫌いで逃げ出します。

帯地用ラック×2/別バージョン

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 09:35

前回のラックを設置して空間に余裕ができたので次のバージョンを依頼されました。

 

まずはイメージを作ります。横980 縦600 奥行き450 ニ段重ね

 

 

今回は仕切りが四段入ります。奥にストッパーも入りますから材は以前の3倍も

 

 

こんな風に設置!はめ込みで上下がズレ無いように。 いい感じです・・・自画自賛!

帯地用ラック×4

  • 2017.02.16 Thursday
  • 13:12

以前にも作った帯地用のラックを作ることになりました。

同じバージョンですが少し大きくなります。

1×4のSPF材を48本、鋸で切っているうちに肘が痛くなりました。これだけで一つ分です。

あわてて作った一つ目は失敗!三等分の寸法を間違えて解体です。天板の部分も配置換え。

 

これは二つ目。帯地用の紙箱が傷つきにくいように天板はこんな配置に。

 

すっきり収まり喜んでいただきました。

 

 

いただいたチョコ狙っている奴がいます。リボンに興味があるのかも?ロビンさまありがとうございます。

 

 

 

これは一月に提出していた大腸がん検診の結果。陰性でした!ひとまず安心!!!

              

インフルエンザの時期が過ぎたら、次はピロリ菌の検査を予定しています。

看板「有綵無彩」

  • 2016.05.07 Saturday
  • 15:22
行方不明になった看板「有綵無彩」の新しいものをもう一度作りました。
連休明けにの予定でしたがハクヤマさんが即してくださったので、早速作業に取り掛かりました。
材が小さ目なのと文字数でちょっと小さ目の文字です。
梅垣織物
高さは十分なので社名を少し大きめにしました。
梅垣織物・有綵無彩
オイリングをして仕上げです。足は以前に作っておきました。
梅垣織物・有綵無彩
裏側にバーコード貼り付けの溝をいれて仕上がりです。

亀岡のばぁちゃん家の菜園です。家の裏の土手になります。昔は道だったそうです。

えんどう

まだ薄っぺらいです。

そら豆

大きくなってきていますが、今月末ぐらいにしっかりとした実になるそうです。

左側は玉ねぎ、右は聞き忘れました。なすびかも?

昨年不作だった柿の木。枝打ちをしたところに新芽がしっかりと出てきました。

大き目のものをいくつか。塩ゆでしてビールのアテにします。


最終仕上げ

面白い杢が少し出ています。おそらく縮杢です。


杢にはいろいろな種類があります。部位によってある程度出るところが判るようです。いい感じの杢が出ると価格はいっきにアップします。ご参考までに!
 

春日杉の笹杢

笹杢 (ささもく)

笹の葉が折り重なったような先の尖ったギサギサ模様の杢。杉の老木などに稀に現れ、和室の天井板や障子の腰板などに珍重される。
 

如鱗杢

如鱗杢 (じょりんもく)

欅(ケヤキ)槐 (エンジュ) などに稀に現れる魚の鱗 (ウロコ) のような木目。魚鱗杢とも言う。
 

筍杢

筍杢 (たけのこもく)

筍を縦に割った様に中央が山形になった典型的な板目の杢で、木目がはっきりしていて均整がとれた美しいものを指す。山杢とも言う。
 

バーズアイメイプル

鳥眼杢 (ちょうがんもく)

小鳥の目のような小いさな円形の斑点が、板にたくさん散らばって表われる杢目。「鳥目杢」とも書く。カエデ類に多く、バーズアイメープルとして有名。
 
 

屋久杉の鶉杢

鶉杢 (うずらもく)

鶉の羽の模様に似ることからこう呼ばれる。針葉樹の屋久杉赤松の古木によく現れる。
 

けやきの玉杢

玉杢 (たまもく)

樹木の瘤(こぶ)のような所をスライスすると現れる、比較的大きな同心円形の模様。によく現れる。珠杢とも書く。

縮杢・バイオリン杢

縮杢 (ちぢみもく)

木目が波状に縮んでしわがよったように見える杢。縮緬杢(ちりめんもく)、波状杢(はじょうもく)、カーリー杢とも言う。また、バイオリンなど弦楽器の甲板に重用されたことから「バイオリン杢」とも言う。栃(とち)シカモア、カエデ類に現れる。
 

葡萄杢

葡萄杢 (ぶどうもく)

ちいさな円形の模様が連なって、まるで葡萄の房がぶら下がっているように見える杢。バラ科の樹木や楠の木などの根瘤に希に現れる珍しい杢目。高級車のダッシュボードなどに使われている。

楢材の虎斑

虎斑 (とらふ)

楢(ナラ)オーク材などブナ科にみられる斑紋で、柾目を横切るような帯状の杢を斑(ふ)と言い、斑が大きく虎の毛のような斑点模様に見えるものを指す。シルバーグレイン(銀杢)とも言う。

ケヤキの泡杢

泡杢 (あわもく)

比較的小さな円形の模様が散らばって現れるもので、水中に浮き上がってくる泡粒に似ていることからこう呼ばれる。

ゼブラの縞杢

縞杢 (しまもく)

年輪の模様とは異なり、色素によって縞目模様を呈する杢。ゼブラが代表的で、チーク黒柿黒檀などにも現れる。

欅の牡丹杢

牡丹杢 (ぼたんもく)

玉杢と同様に大きな円形の模様で、同心円の輪郭が鋸の歯並びのようにギザギザになっているもの。牡丹の花弁に似ることからこう呼ばれる。

孔雀杢

孔雀杢 (くじゃくもく)

孔雀の羽のような杢目で黒柿に希に現われる。黒柿自体が希少で、その中でもごく僅かしか現われず、非常に高価となる。

鯖杢

鯖杢 (さばもく)

幹が二つに分かれた部分に現われる独特の木目をサバ杢と言う。二股杢とも呼ばれる。

レースウッド

斑紋杢 (はんもんもく)

材面に斑点のような放射組織が現れた装飾的に富んだ杢を指す。 特に、レースを編んだように綺麗なものをレースウッドと呼ぶ。

りぼん杢

リボン杢

木理が交錯している木材を柾目板に挽いた時に現れる木目で、光の反射具合によって順目と逆目が交互に縞模様になって見えるもの。縄目杢、矢羽根杢とも言う。 サペリマホガニーラワンなどに見られる。

スポルテッド

スポルテッド杢

樹木の亀裂などから雨水が染み込んだ際に、内部にカビや細菌などが繁殖して黒く筋状に変色して出来た造形的に美しい模様。 スポルテッドメープルが有名。

バール杢

バール杢

樹木の根の近くにできる瘤 (こぶ) をバールと言い、瘤を挽い際に現われる木目模様の総称。瘤杢 (こぶもく) 、根杢 (ねもく) とも言う。

 

椿油 イーゼル

  • 2016.03.11 Friday
  • 20:02
椿油のイーゼルを作りました。以前に買っていたツガ材が余っていたので!

作り始めてからいろいろとややこしいなと感じました。
前の足の角度、きっちり決めてからでないと落とせません。

看板の受けは栗材の耳を使いました。これも斜めに落とします。

こんな感じかな?テープで止めて雰囲気を見ます。
    
一晩で作るつもりでしたがダメでした。部分的な材料の持ち合わせがありません。蝶番や鎖止めです。

これはこちらの思いで作るのですから格好よく喜んでもらえることが一番です。
今日の午前中にやっと完成です。
    
看板上の留め材は神代杉の端材です。とっこやさんから頂いたものです。
左側から滑らせてはめ込みます。
柿渋を塗って仕上げました。お店の前で撮ってみました。ちょっといい雰囲気に変わったかな・・・

ちょうど買い換えを考えておられたようです。いい感じで並びました。
 

多分今日で三歳!クゥちゃん今日現在5.8kgほんの少し大きくなっています。

最近二階のトイレの窓を開けるようになりました。外の世界が気になるようです。

タンカンのピールが気になるようです。

出来上がり

  • 2016.02.25 Thursday
  • 16:04
白の文字を5層塗り重ねテープカットです。

上手くいっているかちょっと緊張します。

これは文字がもう1cmほど上にある方が格好よかったかも・・・でももう手遅れ・・・

表面にオイルを塗りこんで艶が出てきました。

木目が鮮やかに出てきます。

よろこんでいただけるでしょうか?・・・

椿油 彫り上がり

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 19:48
4日がかりで「本藍染」に続き「椿油」も彫り上がりました。
早速着色に・・・・・今回のご希望は「白」。

白仕上げの困ったことは地の色が浮き出てなかなか白になってくれません。

これで3度目の塗りです。

あと2回ほど塗り重ねて仕上げとします。
 

ハクヤマさんからレーザーの仕上がり

  • 2016.02.23 Tuesday
  • 21:53
レーザーの仕上がりの連絡をいただきました。
 

 
検査官の登場です。

柿渋を塗りこんでいるので結構硬く感じます。最初は浅く彫りこみ徐々に深くしていきます。

三日がかりで彫り上げ、最初の塗布をしました。

次は椿油です。
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM